Kurmp is not HipHop!

EBSでのTight Eyez vs Juniorのバトルに関して、Tight Eyez本人のコメントが出てたので、日本語訳を付けました。

右下の字幕ボタンでどうぞ。そのとなりの設定ボタンから英語にも出来るぞ。

このコメントが出ても尚、心無いやつらからのコメントが止まらない状況ではありますが、俺はバッチリ筋通ってると思います。

“KrumpはHipHopじゃないんだ”ってのを繰り返し言ってますね。ここが一番ポイントなんじゃないでしょうか。

.

そしたら今度は炎上のポイントが変わってきて

“KrumpはHipHopじゃない?だったらなんでHipHopで踊るんだ!?”

“Tight Eyezラップやってんじゃねぇか”

“HipHopのおかげでKrumpがあるんじゃないのか?”

“んじゃ、今後フロアでKrumper見つけたら蹴っ飛ばしてイイ訳だな?”

とか、まぁinternet特有の飛躍したコメントが飛び交う始末。

.

Krumpの歴史についてはよく知りませんが、個人的にはこれまでにHipHopの影響を受けてきたことは間違いないとおもいます。

ただ、時間をかけて育ってきて、それがHipHopとはまた別のルールを持つようになった、というところは尊重すべきなんじゃないでしょうか。

なんならHipHopの非暴力のメッセージを担いで言葉の暴力をまき散らす奴らは、文化的な議論できるほど精神が成熟してないんでしょう。

.

ここで、KrumpのWildな瞬間のコンピレーションをどうぞ。

.

超WILDですね笑。Krumpやらないダンサーがこれを知らなかったってだけで。

HipHop BattleとかAll Style BattleでたくさんのKrumperを見たことがありますが(もちろんTight Eyezを含めて)

こういうWildなフィジカル・コンタクトは見たことありません。

俺はこのタイミングで、彼らがコレを封印して踊ってた、ということに気づいたわけです。

Krumperは、基本的に誰にでもフィジカル・コンタクトでぶつかってくるわけでもなく、相手との信頼関係がある中でのみこれを解放するんですよね。

今回のJuniorとのバトルにおいては、事前にそこが共有されてなかったからJuniorも困惑したってだけで。

.

なんにしても、Tight EyezとJuniorはすぐに和解してるし。

Krumperがフィジカルなコンタクトを含む踊りだってことが分かって。

かつ、他のジャンルのダンサーとバトルするときは、気をつけようねっていう前例が出来たと。

Krumpもb-boyもHipHopも、一歩前進したってことでいいじゃないでしょうか。

.

個人的にグっときたのは、6:50あたりの

“I’m a game changer, I’m a difference maker, everybody don’t like it? so what? That’s why I’m different. I take risk. I do things what I want to do.”

のあたりです。

俺はこういうアーティストが大好きで、俺自身もこうありたいと常に考えてます。

まわりがダメだって言うから、とか、セオリーと違うから、みたいなこと言ってたら、みんなと同じことしかできないんですね。

嫌われるリスクと向き合いながら、信じることを追求して磨き上げた結果、新しいアートが形になるわけです。

そして、このHipHopの世界にいる人全員が、そういった勇気あるアーティストのレガシーの恩恵を受けてるんですよね。

Props to Tight Eyez for speaking up!!



“Kurmp is not HipHop!” への1件のコメント

  1. 東京のb-boy より:

    最高にクールだね

    心無い発言をする人等は『土台が違う』とか云々無しに、どんだけこのbeefに勝ちたいんだか。文面見る限り論点まで変わってるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です