YacchiがNew Level

先日のDance@live All StylesからのPart 3

一曲目は先日のTokyo Soul Driveにも出演してもらったの女性トークボクサーWODDYFUNKの“I just want to be”。Cameoの80s Funk Classicのカヴァーです。

二曲目はA$AP Ferg / New Level。今年の4月に出たアルバムのリードトラック。
日本のDance Battleで耳にしたことはありませんが、HipHopのClubだと今、ピークタイム・アンセムです。
Yacheemiの2nd roundは最高ですね!

海外のダンスイベントでDJしてると、この辺のJiggyなHipHopで超絶盛り上がることがよくあります。Jay-Zはもちろん、Rick RossとかA$APとかKendrick Lamarとか。

日本のダンスバトルでそういうのがあんまり盛り上がらないのは“ダンスイベント”と“ダンスイベントじゃないHipHop Party”の間に距離がありすぎるせいだと思います。
ダンサーが集まるイベントが増えたのはいいことだと思うけど、ダンサーしかいないイベントが増えすぎた結果、HipHopと関係なくなってきちゃった、みたいなところでしょうか。

世界的にみても、日本ほどソリッドなダンスコミュニティがあるところは稀だし、みんなShowやらBattleやらリハーサルやらで忙しいからしょうがないんだと思いますが、HipHopコミュニティで広く共有されてるアンセムとか共通言語がダンサー・コミュニティで通じないのは、DJとしてとても寂しく感じることが多いのは事実です。

Dance@liveが始まって10年経って、Dance Battleってすごい盛り上がってきたけど、ぼちぼち次のフェーズなんじゃないかなー!
これからはそこにダンサーとしてのエゴだけじゃなくてHipHopイズムとかBlack Music / Dance Musicの共通言語を少しずつ足していくことでもっと多くの人が好きになってくれるはずだし、楽しいし、いい未来があるんじゃないかな、と思うわけです。

みなさんのダンスライフが、よい音楽とともにありますことを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です